スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『換魂綺譚―アヴァタール』(テオフィル・ゴーチェ)



「入れ替わり」モノの調査とリスト化の盲点といえば、「転校生」以前の作品と男女間以外の作品、そして海外の作品だといっても差し支えない。

おそらく「入れ替わり」モノの研究が、TSFを中心になされたことや、「転校生」のイメージがあまりにも強くて、それ以前の作品がほとんど忘れ去られてしまったからではないかと思われるが、この点では、かの「入れ替わりマニアックス」はもちろんのこと、かつて存在した「てっつ庵」や「craft」も十分とは言えず、20世紀以降の作品、それも日本で翻訳された作品に限られていた。

そのせいからか、この作品は過去4度も刊行(収録)されたにもかかわらず、これらのサイトのリストにすら含まれず、話題に上ることもなかった。TSFのマニアもおそらく知らないのではないだろうか。それが、テオフィル・ゴーチェ(ゴーティエ)の小説”Avatar”(「化身」「権化」の意)だ。



換魂綺譚



本国では1856年に新聞に連載されたという。
現在、私が確認できる限りでは、欧米最古の「入れ替わり」モノだ。

ちなみに、この本は1948年、創元社刊(林憲一郎訳)。
百花文庫という、終戦直後に刊行されていた、文庫本より一回り大きい粗末な本だ。


内容は、世間が最も嫌う(?)男同士の「入れ替わり」。
それも絶世の美女に一目ぼれしたものの、その女性はすでに結婚していたということを知って、それ以来厭世的になってしまった青年貴族オクターヴと、彼の一目ぼれした女性プラスコヴィの夫オラーフが、オクターヴの治療のために、インドで修行をした医者〈魔術師)シェルボノー博士によって、半ば強引に魂を「入れ替えられる」いう設定。これじゃ「入れ替わり」の定番である、コメディーも期待できない。

訳者いわく「ゴーチェ的」だというが、私自身、ゴーチェの作品はあまり読んだことがないから、どこがどう「ゴーチェ的」なのかよくわからない。だが、この作品が書かれたころ、かの「おれがあいつであいつがおれで」や「転校生」はもちろんのこと、欧米の「入れ替わり」モノの名作であるF・アンステイの”Vice Versa”やメアリー・ロジャーズの”Freaky Friday”もまだなかっただけに、現代の「入れ替わり」モノに慣れ親しんでいる私にとっては、どこか斬新に見えてくる。


「入れ替わり」モノの歴史を語るうえでも欠かせない作品だが、旧字体と差別用語には悩まされた。
それがかえって「周囲からおかしいと思われる」ということをいっそう強調しているようにも思えるのだが、さて、ほかの三つの版(『ゴーティエ幻想作品集』『テオフィル・ゴーチェ小説選集』『変化 フランス幻想文学』)はどうなっているのやら。検証したいが、金がない…。

それだけ、この作家の作品は絶版が多く、古書価格も高いってことです(笑)











スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ウラックマ

Author:ウラックマ
「ありえる”かもしれない”未来~入れ替わりがもし本当にできたら~」を掲載しているウラックマです。この第2ブログの内容は、「入れ替わり」を扱った作品についての紹介と分析です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。