スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユーモア艦隊(サトウハチロー著 1934年)

ほぼ10か月ぶりの更新になりました。

このブログを楽しみにしていた人がいたら(いないと思うけど)すみません。アイディアがまとまらなかったもんで…。

その間に『夫のカノジョ』だの『山田くんと7人の魔女』だの『思春期ビターチェンジ』だのって、該当作だけでもたくさんあったのに、なかなか手が付けられません。

今日やっと、『夫のカノジョ』の原作『夫の彼女』を発見したとこ…。ドラマ版よりもなぜか小説のほうが面白いのは気のせい?

ユーモア艦隊



写真はサトウハチローの『ユーモア艦隊』(大日本雄弁会講談社)。

昭和9年2月発行。持っているのは、昭和10年2月発行の第24版。

『少年倶楽部』『少女倶楽部』連載の6作品を収録。元は函がついていましたが、児童書の特性上、欠けているのはやむを得ず。


意外と知られていませんが、この本は戦後講談社から刊行された『あべこべ物語』の戦前版『あべこべ玉』が初めて単行本に収録されたときのものです。

この作品について語っているサイト・ブログはしばしば見かけますが、戦前の作品だとか、元のタイトルは「あべこべ玉」だったということについてはふれているのに、この本についてふれているサイトは全くと言っていいほど見当たりません。佐藤さとるの『ファンタジーの世界』にはこの本のことが紹介されているので、ネット上の情報だけに頼った結果でしょうか?

そういえば、去年はサトウハチローの没後40周年でしたが、著作権が続いているにもかかわらず、小説のほうはほとんど全部絶版になっているので、再評価される兆しはなさそうですね。没後50年まであと10年ありますが、その時は読めるようになるんでしょうか?
ちなみに今年はユーモア小説作家、佐々木邦の没後50年、著作権が切れて読めるようになる日が楽しみ♪
スポンサーサイト

復活!TS解体新書

GW3日目。

今日はいい天気でしたね。

サイトにアクセス不能になっていたTS解体新書でしたが、先週復活しました。

http://tskaitai.okoshi-yasu.com/mokuji.html

噂によると、「これがTS本だ!」に貼ってあったAmazonのリンクが、アフィリエイト禁止の方針に引っかかったが原因だったのではないかといいますが…。


ごたごたのため、当方も、いつもの半分の量の短縮掲載となってしまいましたが、何とか間に合いました。

ただし、今週は先週の続きの文としたいと思います(笑)

読んでいる人はいないと思いますが、念のため。



TS解体新書がアクセス不能

昨日の午後のことだったか、一瞬衝撃が走った。
私が記事を投稿しているtoshi9さんのサイト「TS解体新書」がアクセス不能になっているのに気づいた。

http://www.geocities.jp/toshi9_kaitai/mokuji.htm

Yahooの検索結果には引っかかるものの、アクセス不能。
しかも、閉鎖との知らせもなし。
現在もアクセス不能の状態が続いている。

いったい何があったのやら…。


なお、私の連載のほうは、復帰まで暫定的に本サイトで継続予定。


(4月24日補記)

toshi9さんにメールしたところ、いずれかのファイルが利用規定にひっかかったらしく、凍結状態になっており、移転を考えているとのこと。

閉鎖でなくてよかった~!!

なお、当方の連載は再開までいったん中止し、しばらくは小ネタを発表する予定です。


「入れ替わり」フィクションとの出会い、そして…

しばらく、この第2ブログを更新していなかったのに気づいた。

本当は、式貴士の「猫は頭にきた」でも取り上げようと思っていたのだが、記事が書きづらい内容の作品である。それがだめならば、藤子・F・不二雄の作品を取り上げようとも思ったが、肝心の本が図書館にあっても、人気なのかなかなか置いていないので、難しそうだ。
そこで方向転換し、「転校生以前」はいったん打ち切りにして、児童書か、『転校生』と同時代の作品の紹介に移ろうとも考えている。(残念なことに、最近ヤフオクに『おれがあいつであいつがおれで』の初出である、「小六時代」が何冊か出ていたのだが、惜しいところで落札できなかった)。


そんな状況なので、話は変えて、私がなぜ「入れ替わり」フィクションに興味を持ったのか、そのことについて触れることにしよう。
はっきり言っておくが、最初に見た「入れ替わり」フィクションが何であったかははっきりと覚えていない。時期的には小学校高学年ごろとまではわかるのだが…。
しかし、私が小学6年生の時に放映された「どっちがどっち」などはよく覚えていて、(全部の回を見たわけではないが)、そのことでクラスメートと話が盛り上がったことがある。
でも、そのころには、こういった作品に興味はあったにせよ、のめりこむことはなかった。

しかし、高校時代になってから、転機が訪れる。

改めてそういった作品を調べているときに、私はクロエさんの「入れ替わりマニアックス」というサイトの存在を知ったのである。今まで、断片的な資料しか持っていなかっただけに、結構役に立った。YouTubeの登場もそれをさらにかき立てたのかもしれない。断続的にではあるが、これらの作品に興味を持ち、実際にあたってみた。
けれども、古い作品、特に『転校生』以前の作品については記述が弱く、不明な点も多く、古書店をまわったり、ほかのサイトも参考にしたりした。(今になって、結構判明しているのだが…)。
ちなみに、「TS解体新書」に連載中の「ありえる”かもしれない”未来」の構想を書き始めたのもこのころだ。(『パパとムスメの7日間』の原作本が刊行されたころに始めたと記憶している)。「実現不可能であるならば、そうだと言える根拠は何か」ということを考えてみたときに、そのようなものが見当たらないことに気付いたからだ。

だが、私にとってこれがなんであるかを聞かれると、非常に難しい。あまりにもありきたりなことばかり言うのか、話が難しすぎてついてこれないのか、コメントもなかなか来ないし、自分でもしっかりした文章が書けているという自信を持てずにいる。自分は意外にも、高望みしすぎているのかもしれない。
けれども、「入れ替わり」がいかなるものであるのかをしっかりと分析したものも少ないし、ましてやそれがもし実現したらどうなるのかを真剣に考えたものも見たことがない。多くの人は、マンガやアニメなど、フィクションの中のことだとしか思っていないし、私もこれがある意味”賭け”のような理論であると考えている。2012年のマヤの地球滅亡の予言が本当かどうかわからないように、未来に何が起きるか、どんな技術が登場しているかもわからないからだ。その中に「入れ替わり」がある”かも”しれない。それは、気が遠くなりそうなほど先の未来にはこういったものが実現しているかもしれない。
でも、その時になって、どのような影響をもたらすかについて人々が考えるのをやめたらどうなるだろうか?
お上の言うことに従いっぱなしであるとき、破局的な状況に陥ったらどうなるか?政治や社会などに対する人々の関心が薄れているという話をよく耳にするが、いずれ、さまざまな問題に無関心な国民だらけになったとしても不思議ではない。
そういうときだ
からこそ、この社会に点在する様々な問題を「入れ替わり」フィクションがどう扱っているかを探し出すとともに、もしも「実現した」場合に考えられることをいろいろ思考してみるのである。

一言でいうならば、フィクションはそれらの”思考材料”としてあると思う。

はじめに

リラックマならぬウラックマです。はじめまして。

昨年、Yahooに第1ブログを作りましたが、扱うテーマがあまりにも異なり、同じニックネームを使うのはどうかと思ったので、FC2に第2ブログを作りました。

第1ブログのテーマが切手や文化祭見物、日々の出来事なので、こちらは「入れ替わり」フィクション、つまり、「体と心が入れ替わる」という言葉でマンガやアニメでよく用いられるストーリーを扱った作品を中心に紹介・分析していこうと思います。

そういった作品を扱ったサイトとしては、クロエさんの「入れ替わりマニアックス」がありますが、僕自身は単なるリストにとどまらず、作品の時代背景や作家の他の作品との比較などを中心に紹介していきたいと思います。

ちなみに、某サイトで「ありえる”かもしれない”未来」という、「入れ替わり」がもしも、何らかの方法で実現したらどうなるかといったテーマについても取り扱っていますのでこちらもよろしく。
プロフィール

ウラックマ

Author:ウラックマ
「ありえる”かもしれない”未来~入れ替わりがもし本当にできたら~」を掲載しているウラックマです。この第2ブログの内容は、「入れ替わり」を扱った作品についての紹介と分析です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。