スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「あばよ!明日の由紀」(光瀬 龍 1969)


1960年代、時はSFの全盛期だった。
アイザック・アシモフやロバート・ハインラインなどといった多くの海外作家の作品が翻訳され、日本人による作品が数多く発表された。『時をかける少女』『日本以外全部沈没』の筒井康隆(1934~)や『日本沈没』の小松左京(1931~2011)、「SFマガジン」初代編集長の福島正実(1929~76)、『ねらわれた学園』の眉村卓(1934~)1000編を超えるショートショートで有名な星新一などが当時活躍した作家として挙げられよう。
 だが、多くのSF作家たちは「入れ替わり」という、この荒唐無稽なテーマを好まなかったようだ。
なぜならこれらの有名作家の作品をほとんど挙げることができないからである。おそらく、今のところ科学的には成り立たないので、結局はファンタジーの域を出ないからだと思われる。
その例外的な作品がこの『あばよ!明日の由紀』である。

21世紀によみがえった異色のSF作品
高校1年の冬であった。クロエさんの「入れ替わりマニアックス」でこの作品を知った。しかし、すでに絶版から20年以上が経過していることもあって、古書店などを回ってみても見つからなかった。ところが、数か月して、ヤフオクに同じくソノラマ文庫から出た『作戦NACL』とともに出品されているのをみて入札し、210円で落札した。初版の翌年に発行された第2版で小口やカバーにシミがあり、カバーの袖が折れているなど、状態はよくなかったが、読めただけでもよかったといえよう。
著者の光瀬龍(1928~99)は高校の理科の教師をするかたわら、宇宙や歴史をテーマにしたSFや推理小説風のジュニア向けSFを書いていた作家で、東映制作の特撮「キャプテンウルトラ」の監修を務めたことでも知られる。今では一般的な知名度こそ低いが、「宇宙年代記」シリーズや萩尾望都によって漫画化された『百億の昼と千億の夜』などが代表的な作品である。
初出は「高1コース」1969年4~7月号で、1972年8月に岩崎書店より刊行された「SF少年文庫」の一冊『超世界への旅 日本のSF短編集』に収録された(なお、このアンソロジーは1986年、2006年にも復刊されている。後述)。
これとは別に1979年10月にソノラマ文庫(朝日ソノラマ)から刊行された『あばよ!明日の由紀』がある。同作のほか、初収録となる2作品「逃げろ!ユカ」「ゆく春のうた」が収録されている。この時期、ソノラマ文庫は新たに刊行する作品が少なく、学研の「○○コース(○○には学年が入る。たとえば「中一コース」や「高一コース」など)」の過去の掲載作品を文庫化していた時期だったという。(ちなみに、ソノラマ文庫から刊行された光瀬龍作品は7冊あるが、うち3冊はサンヤングシリーズの文庫化、1冊はSF少年文庫の文庫化、残り3冊が「○○コース」収録作品である)
苦難の中から生まれた本だったのである。

内容紹介
主人公で高校1年生の戸沢章二は、モデルとして生徒たちから愛されている同級生の白川麗子に手紙を渡すものの、あっさり振られてしまう。失恋した彼は、その晩「美しい女の子に生まれ変わって、好きなやつをふってやったら気持ちがいいだろうなあ」と思って眠りに就いた。
気がつくと彼は行ったことのないゴーゴーのホールにいて、まわりの少女たちに「おねえちゃん」と呼ばれていた。彼は急いでホールを出ると思わず「私は逢坂由紀!」と叫んでしまった。あやしく思い、花屋のショーウィンドウに顔を映すとそこにはかわいらしい少女が映っていた。彼は逢坂由紀という少女になってしまったのである。
章二は由紀の家へ向かった。部屋を探って発見した日記には由紀が幻聴に悩んでおり、そのことを理由に彼女が家出をしたことが記されていた。由紀は章二になっていると思った章二は自分の家へ向かう。
彼の予測通り、由紀は章二になっていた。しかも、この不思議なできごとにはルイ・オサリバンという人物がやったのだという。二人はその原因を探るため、また、元に戻るために家出し、学校を休んでまで準備した。
その夜、二人はオサリバンの屋敷に潜入し、決闘の末、二人は元に戻った。けれども、オサリバンの正体や目的などは分からずじまいであった。

『転校生』との比較
「転校生」公開の10年以上前にこのような作品があったという意味では「あべこべ物語」と同様、特筆すべき作品で、共通する点、比較になる点も多い。
まず、初出が学年誌であることが挙げられる。学研の「○○コース」と旺文社の「○○時代」(○○には学年が入る)は当時、非常に有名な雑誌でライバル関係にあった。また、入れ替わるのが男女であり、話の最後には元に戻る点も共通している。
ところが、「おれがあいつで~」はファンタジーであるのに対して、「あばよ!~」は(いちおう)SFで、行動のおかしさを重視しているとはいえない。「おれがあいつで~」をはじめ、それ以後に発表された作品の多くは成行きにまかせて元に戻ろうとは努力せず、元に戻るまでお互いのふりをして過ごそうとする傾向にある。一方で「あばよ!~」はそのような考えが多少はあるものの、自分たちが入れ替わった原因の解明に積極的である。
それは光瀬の作風にあろう。この時期、光瀬はジュニア向けの雑誌で推理小説風のSF作品を多く発表している。これらの作品は主人公の周りで何か不思議な事件が起き、その原因などを突き止めるために周囲を調べ、解決に向かわせるという設定になっている。これは、彼のジュニア向けSF作品の代表作『暁はただ銀色』『北北東を警戒せよ』『作戦NACL』『明日への追跡』なども同じである。
どちらも、入れ替わったことを秘密にしている点では共通しているが、ことも挙げられる。「おれがあいつで~」はできるだけそのことを秘密にしようとしてはいるが、普段通りに学校に行っている。その結果として、二人の様子から、また、入れ替わっている状態が長続き(おそらく数カ月)していることから、結局ばれてしまう。一方、「あばよ!~」では二人が学校を無断欠席している。これは、入れ替わったことが友人にばれたり性格の変化におどろいたりしないようにするためであろう。その期間も内容からして2・3日くらいだと思われる。のちの作品では、「おれがあいつで~」のほうが内容的に面白いのでよく用いられ、騒動を起こすことが話の題材となっていることが多いので、展開からすれば、少し残念でもある。
性的な描写にも違いがある。「おれがあいつで~」以降の作品では女子になった男子が自身(つまり相手)の裸に興味を示そうとすることが多い。そのために、男子の体になった女子から怒られ、風呂に入る時に目隠しをされる「目隠しイベント」という描写がある。これは思春期特有の男子の好奇心をうまく表現したものだ。一方、「あばよ!~」では、由紀の体になった章二は興味を示そうとするどころか、「見てはいけないものを見てしまった」と恐れている。性的なものに興味をもってはいけないという当時の風潮からだろうか。
また、原因についてもはっきりと確定できないことも『転校生』とは異なっている。『転校生』は、どういうメカニズムで起こったのかは分からないにせよ、石段から転げ落ちたことがその原因である。しかし、『あばよ!~』ではそのきっかけを作ったのがルイ・オサリバンという老人であることまではわかるものの、どのようなことをしたのかについては一切触れられていない。おそらく、彼は宇宙人であり、我々には理解できない高度な科学技術をもって二人を入れ替えたということまでは推測できるのだが…。
『おれがあいつで~』や『転校生』では性や相互理解などについてのテーマがはっきりと作品に描かれ、逆に、それが原因で非難されるくらいだったという。しかし、一方、「あばよ~」にはその感じが薄い。
おそらく、この点において受け入れられなかったのだろう。当時の評価はよく知らないのだが、おそらく、不思議な内容のSF作品として楽しまれていたことだろう。

21世紀に奇跡の復活!
この作品は「SFロマン文庫」を最後に絶版となり、作品を読むことすら難しい状況にあった。しかし、2006年にこの作品集を含むシリーズを復刊した「SF名作コレクション」が刊行されたことで、この作品自体を読むことは簡単になった。私もつい最近、某市の図書館でこの本を発見し、手持ちのソノラマ文庫版と比較することができた。大筋ではストーリーの変更は特にないが、ソノラマ版の「ゴーゴー」が「店」と記されていたり、漢字や句読点などが違っていたりと、低年齢(小学校高学年)向けに書き直された感じも否めない。挿絵も、中山正美のソフトなタッチの絵から、寺島昭のやや精細なタッチの絵に変更されたことも残念な点ではある。 
ソノラマ文庫版は絶版となっているものの、市価はそれほど高くなく300円~800円が相場である。ところが、併録の2作品が復刊されておらず、本自体がソノラマ文庫より刊行された他の光瀬作品に比べるとあまりにも市場に出てこないので、探している人も多いようだ。

『あばよ!明日の由紀』は、テーマの強さにおいて『転校生』にかなわない。
とはいえ、前回・前々回で述べた『あべこべ物語』と同じく『転校生』以前に、しかもSFでこのような作品が存在したということだけでも貴重で、今まで忘れ去られてきたという事実が惜しいくらいである。『おれがあいつであいつがおれで』や『パパとムスメの7日間』もいいけれど、懐かしさと新しさついでに読んでみてもいいのではないだろうか?


・収録書籍リスト
「超世界への旅 日本のSF短編集」 SF少年文庫17 福島正実編 岩崎書店 1972
                  SFロマン文庫17           1986
SF名作コレクション第2期       2006
「あばよ!明日の由紀」       ソノラマ文庫(朝日ソノラマ)      1979


(注)
※)SF少年文庫…
1970~73年にかけて岩崎書店から刊行されたジュニア向けのSF作品選。ハードカバーで、背と表紙の右上に赤く「SF」と書かれた大きなロゴがある。初期15巻までは「エスエフ少年文庫」と記されており函装で、ロゴのデザインも異なっていた。25巻までの予定だったが、ラインナップを大幅に変えて30巻まで刊行された。内容は、古典的作品、刊行時点で存命中だった海外の有名作家の作品、日本の作家の作品など多岐にわたっており、中には光瀬の『作戦NACL』や『まぼろしのペンフレンド』(眉村卓)「迷宮世界」(福島正実)などのように、のちに文庫化された作品もある。途中、カバー装に改められて1970年代終わりまで刊行され、当時の子供たちに親しまれた。「SFロマン文庫」は1986年発行。全巻を復刊したもので、ソフトカバーであるほか、ロゴが異なる。「SF名作コレクション」は判型および挿絵を変更したもの。出版元に在庫はないようだが、図書館で探すと比較的見つけやすいことだろう。

※)ソノラマ文庫…
朝日ソノラマから出ていた文庫シリーズ。1975年に「宇宙戦艦ヤマト」(豊田有恒原案、石津嵐著)など10巻が刊行されたのが最初で、初期の作品は「サン・ヤングシリーズ」からの再録が多かった。ライトノベル文庫の中では最も古く、ハードな作風のものが多かったが、2007年に出版社の倒産により廃刊。その一部は、朝日文庫・ソノラマセレクションやソノラマノベルスレーベル(朝日新聞社)に引き継がれている。
代表的な作品として高千穂遙の『クラッシャージョウ』や、菊地秀行の『吸血鬼ハンターD』、笹本祐一の『ARIEL』などがあった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

はじめまして。
秋元文庫の「SF学園変身伝説」(草川隆)はご存知ですか?
こちらも中山正美さんの挿絵です。
レーベルからこちらの方が古いのかと思っていたのですが、調べてみると82年発行でした。「由紀」の方が10年以上古いのですね。

もしまだ読んでいらっしゃらなかったら、是非!

ちなみに私はどちらも新刊書店で購入しました。(年がバレる)

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

ウラックマ

Author:ウラックマ
「ありえる”かもしれない”未来~入れ替わりがもし本当にできたら~」を掲載しているウラックマです。この第2ブログの内容は、「入れ替わり」を扱った作品についての紹介と分析です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。