スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あべこべ物語(サトウハチロー 1932?)

「あべこべ物語」 ・・・隠されたパイオニア

2007年、高校1年も終わりかけの3月のことである。岡山にある古書店「万歩書店」の本店に行く機会があった。規模も大きいというので、今まで県内の小さな古書店では見つからなかった本がたくさん出てくるだろうと思って見つけたらすぐに買うという意味での「購入リスト」を作り、この本もその中に入れてはおいた。
店内にはさまざまなジャンルの本があり、特に一昔前の文庫本においては大きな収穫があった。しかし、目当てのこの本は見つからなかった。

ところが、しばらく棚を見ているとうっすらと『あべこべ物語』と書いた本が目に入ったのである。少年少女講談社文庫版の背は赤なのだが、日焼けでほとんどわからなくなっていたので見落としていたのだ。手に取ってみると間違いなく目当ての物。カバーも端のほうが破れていて、満足できる状態ではなかったものの、500円と安かったので買うことにした。

著者のサトウハチロー(1903~73)は、『ちいさい秋みつけた』、『かわいいかくれんぼ』、『うれしいひなまつり』歌謡曲に『リンゴの歌』、『長崎の鐘』、『うちの女房にゃ髭がある』、などで知られ、童謡作家や詩人として今なお高く評価されている。だが、児童向けのユーモア小説を書いていたということはあまり知られていない。具体的な作品名を思い出せる人となるともっと少ないのではないだろうか?サトウは1929年ごろから多くの作品を発表しており、代表作に『おさらい横町』『ジロリンタン物語』などがある。(これらは『サトウハチローユーモア小説選』というシリーズで岩崎書店から刊行されている。ただし、『あべこべ物語』と『モコちゃんトコちゃん』は当時、講談社から刊行されていたからか、含まれていない)

この作品は、今は削除されたウィキペディア「入れ替わり」の項目によると、1932年に発表されたという。ただし、これが何をもとにしているのかはわからず、雑誌に掲載されたかどうかもはっきりとしていない。(可能性があるとすれば講談社から刊行されていた雑誌「少女倶楽部」だろう。この雑誌にサトウが多くの作品を発表していたこと、本文中に「少年クラブ」(当時の表記は「少年倶楽部」)「少女クラブ」(同「少女倶楽部」)の雑誌名が出てくること、「ユーモア艦隊」が講談社から刊行されていることからである。)、戦前のタイトルは「あべこべ玉」といい、1934年に大日本雄弁会講談社(現在の講談社)より刊行された作品集「ユーモア艦隊」に収録されている。

戦後は1948年に湘南書房より刊行され(残念ながら、私はこの版を見たことがない)、1975年に再び講談社よりより刊行されている(少年少女講談社文庫…1972年から刊行された子供向けのシリーズ。文庫と名乗っているが、B6判ハードカバー。世界の名作のダイジェストから創作童話、ノンフィクションまで様々なジャンルを扱っていた。前期と後期でカバーのデザインが違い、『あべこべ物語』の場合には2種類ある)。このとき、タイトルが「あべこべ物語」と改題されたようだ。
なお、少年少女講談社文庫が、講談社青い鳥文庫となった1982年にも再刊行されている。

あらすじ

東京に住む小学6年の妹千枝子の家に千葉中学二年(旧制)の山上運平が帰ってきた。二人は時計の中から、不思議な赤い玉を見つける。それはほら話ばかりする「でたらめのおじさん」がもってきた「ポンポコ玉」という赤い玉だった。その玉は、持ち主の願い事を一度だけ叶えてくれるという。しかし二人はその前でケンカしてしまい、朝起きると入れ替わってしまっていた。

家族はおかしくなった二人を不審に思う。しかし、その「ポンポコ玉」は叶えてもらった願い事をほかの人に言うと死んでしまうという。その恐ろしさもあって元に戻れない日々が続く。

運平になった千枝子は言葉づかいやしぐさなどで友人たちに笑われ、千枝子になった運平はさまざまなことでドジをしてしまう。

ついには野球の試合にでた運平(千枝子)を助けに行くために、千枝子(運平)は虎刈りにして野球に出場する。ところが、最後にはその秘密をばらしてしまい、二人は「むにゃむにゃ」といいながら「永遠の眠り(いうまでもなく、死)」についてしまった。

しかし、それまでのことは二人の見ていた夢だった。

「おれがあいつであいつがおれで」の遠い先祖か?

この作品は戦前に発表され、『転校生』のおよそ半世紀前にこのような内容の作品が存在したという点において特筆すべきものである。

確かに、現代の作品に多い「お互いの立場の理解」というテーマも含んではいるが、それよりも、当時の社会の風潮であった男尊女卑という要素のほうが強いと思われる。それをこの作品ではサトウのユーモアで皮肉っているのである。それらは主人公たちの置かれている状況や気持ちからも伝わってくる。

当然のことながら、学校は今のように男女共学ではない。「(旧制の)帝大に行きたい」というセリフは女子の大学進学率が上昇している現代からはとても考えられないが、そのように願っていた人も多かったのだろう。「時機がくれば男になれるんです」というセリフもまた、男女平等という意味で戦後の女性の社会進出を暗示させているかのようである。この作品に限らず、性差をテーマとしたものは外国の初期の作品にもあるようだ。

また、映画「転校生」などのちの作品に受け継がれ、今なお用いられている描写や設定も少なくない。それは、作品がファンタジーとして描かれていることが挙げられる。ファンタジーは、不思議さやおもしろさ、おかしさなどを追求している。そこに難しい科学的理論や説明は一切不要である。すぐには元に戻れないというアクシデント的設定や周りの人が二人の変わり様に驚く場面などもそれにあたる。
この騒動のきっかけとなった「ポンポコ玉」は、それ自体は単なる願いをかなえる道具である。だが、二人の誤って使い方のために災難となってしまったのだ。ただ、『転校生』以後によく用いられるようになる設定である、衝突や転落などに比べるとアクシデント的な要素はなく、おだやかなものだといえよう。

このように『あべこべ物語』は「入れ替わり」というテーマにおける元祖であるといえよう。けれども、この作品は今、『転校生』の前に完全といってもいいほどに忘れ去られている。次回はその背景について考えたい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

忘れられたこの作品ですが、一度だけ、思い出された時があります。
それも「転校生」よりも以前に映像化されて・・・
それが「へんしんポンポコ玉」
1973年にTBSで放映された特撮(?)ドラマで、この作品もまた、歴史に埋もれますけどね。

返事

よしおかさん、コメントありがとうございます。

「へんしん!ポンポコ玉」は、転校生以前の作品として、このサイトでも紹介しようとも考えてはいます。が、6年前に発売されたDVDが出てきませんね…。
同じく国際放映制作の「それ行け!カッチン」のほうも見かけませんが…。(こちらにも女装ネタがあるようですよ。)

今は大学のレポートが多く出されているので、更新は遅いかもしれません。ごめんなさい。



No title

「へんしんポンポコ玉」のDVDは持ってますよ。
まあ、放映当時から話題に取り上げられない作品でしたからね。なぜなら、まだ異性になることが、反社会的行動に捕えられていて、教育上よろしくないという考えが強かった時代ですからね。
女性の社会進出も、まだまだ厳しかった時代です。
男は男らしく、女は女らしくの終焉期と言うべき時期の作品と言うべきでしょう。
「あべこべ物語」と同じく、あまりに先走りすぎた作品と言えるのかもしれません。
プロフィール

ウラックマ

Author:ウラックマ
「ありえる”かもしれない”未来~入れ替わりがもし本当にできたら~」を掲載しているウラックマです。この第2ブログの内容は、「入れ替わり」を扱った作品についての紹介と分析です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。